3b19d51cde6161759c9667e0d77250fc_s
1:海江田三郎 ★:2016/07/26(火) 16:11:36.20 ID:CAP_USER.net

1回で寿命が6年縮む!? 「全身麻酔」が身体に残すダメージをご存知ですか?

■生命保険業界の常識!?

「麻酔が原因で手術中に亡くなる患者は、10万人に1人。一見少ないように思えますが、全国で行われている全身麻酔手術は年間約250万件ですから、単純計算で、一年に20人以上の犠牲が出ていることになります。

麻酔が原因で手術後に亡くなったり、体の麻痺などの後遺症に悩まされる確率となると、当然、もっと高くなる」(都内の大学病院に勤める麻酔科医)

「全身麻酔を1回受けると、寿命が6年縮む」

——ネット上では、「生命保険業界の常識」という枕詞付きで、こんな噂がまことしやかに流れている。実際に、重篤な事故の例も数多い。

たとえば'11年には、宮崎県で80歳の女性が脊椎の手術を受けた後、植物状態になった。'10年にも、兵庫県の旧県立淡路病院で、30代男性が全身麻酔による低酸素脳症で死亡している。

都内に住む50代の男性は、9年前に父を亡くした。いまだに、「あの時全身麻酔の手術を受けさせなければ、死ななかったとは言わないまでも、もっと楽に最期を迎えられたのではないか」と後悔しているという。

「父は当時74歳で、病院で検査を受けたときに大動脈瘤が見つかり、すぐに手術することになりました。大手術だったので、もちろん全身麻酔です。

それで、手術自体は成功したのですが、麻酔から目覚めると『頭が痛い』としきりに言うようになったんです。退院して自宅に戻っても、一日中頭痛を訴えてばかりで、やがて寝たきりになってしまいました」(前出の男性)

それまでは、元気に立ち働いていた父が、自力で立ち上がることすらできなくなってしまった。

「そして、手術から1ヵ月ほどたったある日の夜中、意識を失ったんです。すぐ救急車を呼びましたが、医師には『手遅れだ』と言われた。脳溢血で、目を覚まさないまま3日後に亡くなりました。

その後、最初に大動脈瘤の手術を受けた病院の外科医に聞いたんです。『手術以来、父が訴えていた頭痛は何が原因だったんですか』と。

すると、その医師は『おそらく、麻酔が深く入り過ぎたのだと思います』と答え、頭を下げた。手術のときの全身麻酔の失敗が発端だった、と認めたのです」(前出の男性)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49080


2:海江田三郎 ★:2016/07/26(火) 16:11:42.21 ID:CAP_USER.net

■なぜ効くか分からない

もし全身麻酔手術を受けなければ、男性の父親はいずれ大動脈瘤破裂で死んでいたかもしれない。しかし男性は、「最後の1ヵ月間の苦しみようを見ると、大動脈瘤破裂のほうがまだ苦しくなかったのではないか、とさえ思いました」と語る。

普通、患者やその家族は、がんや心臓病といった病気そのもの、あるいは手術そのものに気を取られて、「脇役」である麻酔がはらむ危険性まで考慮に入れることはほとんどない。

しかし先述した通り、たとえ手術が成功し、病気が治っても、全身麻酔のせいで一生にわたる障害を負う人や、命を落とす人は確実に出ている。

「麻酔薬の分量を正しくコントロールするには、熟練が必要です。慣れない救急医や外科医が麻酔薬を投与しすぎ、手術が終わったあとも患者が3日間眠り続けたとか、気道の確保がきちんとできておらず、気が付いたときには患者の呼吸が止まっていた、といった失敗はあとを絶ちません。

私が家族に全身麻酔の手術を受けさせるなら、絶対に麻酔科医がいる病院にします」(医療コンサルタントの吉川佳秀氏)

本来、全身麻酔は麻酔科専門医の担当である。だが、特に地方の病院では人手が足りず、外科医が麻酔を行うのが日常茶飯事だ。患者が高齢者や喫煙者で、心肺機能が衰えている場合には、特に危険が高まるという。

「全身麻酔では自力で呼吸できなくなりますから、手術がうまくいっても、麻酔から覚めるときに肺に痰などが入って肺炎を起こしたり、脳が酸素不足になって譫妄状態に陥るなど、重い合併症が起きるリスクがあります」(広島大学病院講師の讃岐美智義医師)

さらに、驚くべき事実がある。麻酔薬の作用機序、つまり「どのようにして麻酔がかかるのか」「なぜ麻酔薬を投与されると、人は意識や感覚を失うのか」というメカニズムは、未だに完全には解明されていないのだ。

つまり医者たちは「今までも効いてきたから、大丈夫だろう」という経験則にもとづいて、全身麻酔を行っているにすぎない。先述したような、死に至る「失敗例」に関しても、正確な原因は藪の中というのが実情である。

「そもそも、なぜ効くのか分かっていないのだから、事故が起きた際の検証もできない。つまり、全身麻酔の事故は今後も防ぎようがないということです」(前出・麻酔科医)

手術をするとなれば、どうしても全身麻酔を受けるよう、医者から言われる局面はある。そのとき、麻酔が体に深刻なダメージを与えるかもしれないということを、心に留めておくべきだ。


5:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 16:13:00.23 ID:JNQMznwN.net
じゃあ麻酔無しで

12:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 16:18:17.67 ID:inUh+Exz.net
>>5
そうそう
文句あるなら麻酔無しでやれ、って事だな
寿命6年縮むどころか9割は手術で死にそうw

10:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 16:17:54.20 ID:J8F5e90j.net
何歳で受けるかも大いに関係してそう

13:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 16:18:22.61 ID:6pO2Tk5i.net
本来なら死んでるわけだからねえ。

11:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 16:18:16.65 ID:yR4QwfPn.net
世の中には歯の麻酔で死ぬ人もいる。
歯科医院は間違いなく潰れるか、潰れるに等しい状況になる。

15:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 16:19:42.28 ID:YfC1yZSO.net
心電図取りながらやってるんだろ
事故は医院側のミスではないの

19:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 16:26:37.62 ID:RztBy63A.net
全身麻酔を受ける場合、事前に本人、家族の同意が必要
万が一の場合もあることを認める内容である
でも、百人が百人、これにサインする
医療現場は、常に修羅場と考えた方がいいな

23:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 16:29:51.90 ID:PJaH3mGH.net
結局6年の根拠はどこに書いてあるんだ?

194:名刺は切らしておりまして:2016/07/30(土) 06:27:01.89 ID:UAQjmAM7.net
>>23
だよな。

30:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 16:47:54.12 ID:NZrW6LRd.net
事故はゼロということはない。
きちんとした麻酔科の先生のいるとことで手術すれば大丈夫だと思う。

それより、事故を恐れて手術を拒否するほうが危ない。

ただし、病院と医者は選べ。

35:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 16:53:12.12 ID:2Xgrh92G.net
麻酔専門医がしない麻酔はひどいぞ

外科医の見よう見まねwぶりは凄い

手術に専念したいだろな

37:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 16:58:28.03 ID:Gm8DCpVE.net
全身麻酔で胃カメラやる病院も結構あるけどみんな寿命縮みまくりなん?

176:名刺は切らしておりまして:2016/07/27(水) 17:18:21.15 ID:+zwVTWU2.net
>>37
あれは麻酔じゃなくて鎮静(セデーション)。使ってる薬もいわゆる眠剤の1種

42:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 17:03:39.83 ID:2zkPu2ND.net
そうなの?おれ12年は縮んでるな

44:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 17:09:18.11 ID:kRkQRx2G.net
6年縮んでますわー

46:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 17:15:10.38 ID:5nGmmH2X.net
もう30年ぐらい縮んでるなw

51:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 17:23:37.95 ID:dmKfPE4m.net
どアホ!
これで現場が全身麻酔使うのを躊躇するようになったら困るがな。
手術なんて完全に意識を失わないとおっかない。

55:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 17:35:00.51 ID:EDICDu19.net
鳥越は4回手術したらしいから24年は寿命が縮んだ。

76歳+24縮んだ寿命=100歳

老い先は残ってないぞ!

66:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 17:57:32.24 ID:5nQMU5re.net
50代からは難しいかもしれないが、自分で医者を目指してみればいい
「100%」がありえないこと、人は「運」が悪いだけでも死ぬことがわかるから

79:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 18:23:44.26 ID:AUFKEVzk.net
麻酔をしなきゃいけないほどの手術なんだから
そら平均6年なんじゃないの?

大腸検診などで、健康な人が6年縮んでるか調べたひとはいるのか?

84:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 18:34:33.05 ID:AgGYj6PV.net
70代後半くらいから全身麻酔してそのまま目覚めないとか聞いたことあるねえ
まあそもそも80越えると全身麻酔が必要な手術は医者から断られても不思議じゃないし
もう十分に生きたでしょって言われるだけよ

155:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 23:13:54.59 ID:lPQePkqL.net
これ、寿命が6年縮むって言うより、

生命力が麻酔前100が、麻酔後80まで下がるって感じだな。
で、手術後に回復すればまた生命力が100に戻る
でも、老人で生命力40しか無い人だと、20ぐらいまで落ちると極めて死にやすくなる。
20からそのまま生命力が回復しないまま死ぬ

って感じ
だから、5回全身麻酔したからといって、5x6 = 30年縮むって感じではない。

90:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 18:40:53.34 ID:yw5Jb0AL.net
いまさらこんなクソデマ上げてどうするんだよ。

おら、読んどけよ。

90_1

週刊現代の副作用コワイよ祭り、手術コワイよ祭りの顛末を週刊プレイボーイが報道! 講談社 vs 集英社 - つれづれぶろぐ
http://msanuki.hatenablog.com/entry/2016/07/10/224456

93:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 18:45:00.26 ID:yw5Jb0AL.net
ゲンダイの糞記者、社会に迷惑かけすぎだろほんと

96:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 18:55:51.52 ID:ATnKXDtg.net
荒唐無稽で煽情的な記事はまあそれが
彼らの仕事だから許すとして、
社会に有害なのはいただけんな。

103:名刺は切らしておりまして:2016/07/26(火) 19:07:40.33 ID:9n1KgC3o.net
話を盛りすぎ。

1000:管理人@医療ちゃんねる: ID:medical
私も24年寿命が縮んでいる計算です。
まあリスクがゼロではないと認識した方がいいというところは確かだと思いますが、
いたずらに不安を煽って逆に患者のリスクが増える可能性まで考えたら危ないのは記事の方に思えます。