医療ちゃんねる

2ちゃんねるなどのネット情報とレビューから学ぶ健康と医療のまとめサイト

    ニュース

    1456712280
    1: バックドロップ(栃木県)@\(^o^)/:2016/02/29(月) 11:18:00.69 ID:qrg9ZtyG0●.net

    天皇陛下がインフルエンザにご罹患 29日の予定はお取りやめ

     宮内庁は29日、天皇陛下が27日に発熱などの風邪の症状を見せられ、
    28日夜にA型インフルエンザと診断されたと発表した。29日に予定していた会計検査院長らとの昼食会などの
    公務は取りやめ、皇居・御所で静かに過ごされるという。

    http://www.sankei.com/life/news/160229/lif1602290012-n1.html


    3: ダブルニードロップ(dion軍)@\(^o^)/:2016/02/29(月) 11:19:07.69 ID:SGSP28uR0.net
    限られた人としか接しないだろうにどこで感染した?

    5: グロリア(大阪府)@\(^o^)/:2016/02/29(月) 11:19:35.44 ID:jSwZBPpy0.net
    誰がうつしたんだよ

    9: 腕ひしぎ十字固め(やわらか銀行)@\(^o^)/:2016/02/29(月) 11:20:40.78 ID:BjIl/XLb0.net
    これはやばい

    【【重大速報】 天皇陛下、インフルエンザにご罹患あそばされる】の続きを読む

    1: セントーン(やわらか銀行)@\(^o^)/:2016/02/24(水) 14:04:15.61 ID:0dKjrRs30●.net

    【検証】「夢を夢だと自覚して夢の中を自由に動きまわれるサプリ」を飲んでみた結果 → 本当でした

    これからお伝えする検証結果は、あくまで「検証」であり、このサプリを推奨するものではない。記者が検証のためにサプリを飲み、得られた結果だけを純粋にお伝えしたいと思う。

    サプリの名は「ドリームリーフ」(Dream Leaf)。このサプリを飲めば、明晰夢を見ることができるとのこと。明晰夢とは、自分で「夢を見ている」と自覚できる夢。夢を夢だと自覚できた場合、常識の壁を越えることができるので、夢の中を自由に動きまわれるはずだ。

    「ドリームリーフ」のボトルを開けると、中には青と赤のカプセルが入っていた。青のカプセルを飲み、時間差で赤のカプセルを飲む。

    そのような状態で眠りについたのだが、驚くことに1日目からやや鮮明な夢を見ることに成功。若干だが「これ夢なんじゃないか」と明晰夢に近い夢を見ることもできた。このような検証を三晩続けた結果、以下のような夢を見た。

    ・検証を3日間続けた結果
    1日目: やや鮮明な夢 / やや明晰夢 / 豚の尻をハエタタキで思いっきり叩いて「パァーン!」と良い音を出すコンテスト参加 → 準優勝

    2日目: 鮮明な夢 / 明晰夢 / ドローンにぶら下がって敵の攻撃を避けながら近未来都市を自由に飛びまわる夢

    3日目: 鮮明な夢 / 明晰夢 / 包丁で背中を刺されながら逃げる夢 → 夢なのに刺されるたび動きが鈍くなり疲労感を受ける

    ・夢なのに人工的な感じ
    この検証結果から、少なくとも体験した記者には効果があり、あまりにも革命的すぎるサプリメントだと感じた。このようなサプリが、北米Amazonやから普通に購入できるのだから驚きである。

    ・推奨はできない
    しかしながら、これが食品やサプリという存在である以上、皆さんに推奨することはできない。むしろ「夢は自然に見るもの」と言いたい。

    だが、このような体験はどこか近未来的で、「いつか自由に夢をコントロールできる時代がくるんだな」と感じさせるものがあったのも事実だ。

    1_1

    1_2

    1_3

    1_4


    4: ジャンピングエルボーアタック(WiMAX)@\(^o^)/:2016/02/24(水) 14:06:12.64 ID:iaI6oSKv0.net
    赤いキャンディ青いキャンディ知ってるかい?

    143: イス攻撃(福島県)@\(^o^)/:2016/02/24(水) 16:27:19.38 ID:9Tuf4A+i0.net
    >>4
    おっさんメルモだね

    259: カーフブランディング(dion軍)@\(^o^)/:2016/02/25(木) 01:20:40.84 ID:iodhepat0.net
    >>4
    メルモちゃんは面白かった

    【【検証】「夢を夢だと自覚して夢の中を自由に動きまわれるサプリ」を飲んでみた結果 → 本当でした】の続きを読む

    1456065481
    1:すゞめ ★:2016/02/21(日) 23:38:01.33 ID:CAP_USER*

    花粉症は撲滅できるのか 林野庁に見解を聞いてみた

    http://www.news-postseven.com/archives/20160220_387016.html

     今年も花粉症の人にはつらい季節がやってきた。国民の3人に1人が罹患しているといわれる花粉症は、国の年間医療費の負担だけでも2800億円以上と推計されている。それだけではない。花粉シーズン中のレジャーや小売り、外食など個人消費の落ち込みによる経済的な損失が、5000億~7000億円に上ると試算するシンクタンクまである。

    (中略)

     いったい現状はどうなっているのか――。調べていくと、“花粉症撲滅”を願ってやまない患者にとっては絶望的なデータが次々と出てきた。

     現在、日本には全森林の2割にあたる約448万ヘクタール、40~50億本ものスギが存在している。そのほとんどは戦後、住宅用木材として使うために植えられた人工林だ。だが、1960年代より貿易自由化によって海外から安価なスギが輸入されるようになったことで、日本のスギ林は伐採や植林が進まずに放置された。それが大量の花粉を撒き散らしているというわけだ。

     にもかかわらず、年間で伐採されるスギは1500万本足らずで、相変わらずスギの植林が行われている現実もある。

     一方、無花粉や少花粉スギの品種はすでに130種類以上が開発されているため、林野庁は補助金制度を出しながらこうした品種への植え替えを促しているが、「花粉症対策苗木」の供給量は全苗木の約15%、258万本(2014年度)しかない。このままのペースでいけば、100年経っても200年経っても花粉症の撲滅は果たせない。

     そこで、林野庁森林利用課・森林環境保全班の担当者に、さまざまな疑問をぶつけてみた。

    ――これだけ悪者になっているスギなのに、いまだに植林が行われている理由は。

    「スギは昔から造林樹種としていろいろ優れた点(※)があるメインプレーヤーで、手法も確立されている。そのため、森林所有者や林業経営者が選びやすい傾向がある」

    ※林野庁のHPでは、〈スギ林は木材資源であると同時に、国土の保全や地球温暖化の防止、水源のかん養等の多様な公益的機能を有している〉との記載あり。

    ――林野庁は2017年度に「花粉症対策苗木」の供給量を1000万本にする目標を掲げているが、現状は程遠い。これだけ多品種が開発されても大量供給できないのはなぜか。

    「無花粉・少花粉の品種が出来始めたのはここ数年の話で、種や穂を採る生産施設の整備や拡大にも時間はかかる。爆発的に供給量を増やせるものではない。ただ安倍首相の方針もあり、花粉発生源対策の予算が2015年度の約1億2000万円から2016年度は約4億円と大幅に増額されたので、苗木の受給拡大も加速していくと思う」

    ――花粉症の症状軽減や撲滅が見込めるのは何年先か。

    「たとえ、いま花粉を出すスギをすべて伐採したとしても、すでに花粉症になっている人の症状が完全になくなるか分からないし、スギ以外にもヒノキアレルギーなど他の植物に反応する人もいる。スギの植え替えに何年かかるから花粉症の撲滅が何年後になる――という単純な話ではない。林野庁としては、引き続き花粉を出すスギは極力使わずに、木材利用の伐採や新しい品種への植え替えなどを推進しながら林業の発展を支援していきたい」

     いわば国策として進めてきたスギの植林が深刻な“国民病”をつくってしまった背景もあるだけに、国にはさらに本腰を入れた花粉症対策を望みたいところだ。


    2:名無しさん@1周年:2016/02/21(日) 23:38:52.11 ID:c9OZmeH+0
    だって金儲けするためにわざと国民を花粉症にしてるんだもん、撲滅するわけないじゃん

    4:名無しさん@1周年:2016/02/21(日) 23:39:44.43 ID:/Fw37XHn0
    >>2
    陰謀クルーーーー

    12:名無しさん@1周年:2016/02/21(日) 23:44:43.55 ID:qOR++QSI0
    花粉ビジネスは儲かるからね

    17:名無しさん@1周年:2016/02/21(日) 23:58:29.10 ID:KDEPlg5/0
    国民病を放置する日本。有病率を考えれば最優先事項であろう

    【【花粉症】花粉症は撲滅できるのか 林野庁に見解を聞いてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ