医療ちゃんねる

2ちゃんねるなどのネット情報とレビューから学ぶ健康と医療のまとめサイト

    アトピー

    1465333398
    1:仙人掌 ★:2016/06/08(水) 06:03:18.65 ID:CAP_USER9.net

    アレルギー鼻炎、黄砂や汚染物質引き金に 兵庫医大

     兵庫医科大(兵庫県西宮市)の研究グループは7日、アレルギー疾患になりやすい「アトピー体質」でない人が抗体を介さずにアレルギー性鼻炎を発症する仕組みを解明した、と発表した。黄砂や大気汚染物質に付いた細菌の構成成分が引き金となることを突き止めた。これまでは対症療法しかなかったが、今回の研究で、根治できる新薬の開発などが期待される。

     成果は8日に米国アレルギー・ぜんそく・免疫学会誌の電子版に掲載される。

     一般的なアレルギー性鼻炎では、体内に異物(抗原)が侵入すると、血液中に免疫グロブリンE(IgE)と呼ばれる抗体が作られ、粘膜に多い肥満細胞などに付く。その後、抗原が再び侵入すると、くしゃみなどを起こす化学物質「ヒスタミン」が放出され、アレルギー症状が起きる。

     一方で、同じ鼻炎症状でもIgEが検出できない「非IgE型」の患者も確認されていたが、これまで仕組みは不明だった。

     兵庫医科大の善本知広主任教授らのグループは、マウスを使って実験。IgEが付く肥満細胞を除去したマウスでも、細菌の構成成分「エンドトキシン」を鼻に付けるとくしゃみが増加。反対に、白血球の一種「マクロファージ」を除去するとくしゃみは止まった。

     非IgE型の場合、リンパ球の一種によって活性化されたマクロファージがエンドトキシンから刺激を受け、ヒスタミンを放出するとみられるという。

     善本主任教授は非IgE型について「成人の鼻炎患者の1割程度を占めるのではないか」と推測。「鼻炎に限らず、新生児や乳児の消化管アレルギーにも同じ仕組みが予想される」としている。

    1_1

    http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201606/sp/0009163464.shtml


    4:名無しさん@1周年:2016/06/08(水) 06:20:16.44 ID:m5B2qg020.net
    元凶は中国だな

    7:名無しさん@1周年:2016/06/08(水) 06:25:42.92 ID:3YR1jSzs0.net
    >>1
    だろうよ

    花粉なんて昔からあるのに

    最近40代50代が
    花粉症になったとか多いのは
    絶対これのせい

    よく言われる、コップの水が溢れた説なら、山間部の方が多く花粉症になるはずなのに、あんまり関係ない。
    そう言うと、山間部の人は花粉に慣れてるからとかコップの水溢れた説はどしたんだと、、

    【【健康】アレルギー鼻炎は黄砂や汚染物質が引き金になっている 兵庫医大】の続きを読む

    ca04a31470f09905126307f610ce3cea_s
    1:〈(`・ω・`)〉Ψ ★:2016/04/26(火) 08:01:51.97 ID:CAP_USER*.net

    アトピー性皮膚炎、原因遺伝子を発見…理研など

     理化学研究所や京都大などの研究グループは、アトピー性皮膚炎の原因となる遺伝子を、マウスを使った実験で突き止めたと発表した。

     新たな治療薬や予防法の開発などにつながる成果という。米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」電子版に26日、掲載される。

     理研の吉田尚弘研究員らは、アトピー性皮膚炎を発症するマウスを調べ、「JAK1」というたんぱく質の遺伝子の一部が変化し、異常に活性化しているのを発見。その結果、皮膚の角質に働く酵素も活性化し、角質がはがれて刺激を受けやすくなっていることが分かった。JAK1の働きを防ぐ塗り薬や、刺激から皮膚を守るワセリンなどをマウスに塗ると、アトピー性皮膚炎の発症を予防できた。

    http://www.yomiuri.co.jp/science/20160425-OYT1T50120.html

    アトピー性皮膚炎、ワセリンで発症を予防できる可能

     保湿剤のワセリンをあらかじめ皮膚に塗ることで、アトピー性皮膚炎の発症を予防できる可能性があるとする論文を理化学研究所などのグループがまとめた。マウスによる実験だが、人でも似たしくみがある可能性があり、研究チームは「アトピー性皮膚炎になりやすいことが発症前にわかれば、予防につながるかもしれない」としている。

     理化学研究所研究嘱託の吉田尚弘医師らのグループが、25日付の米科学誌(電子版)に発表する。

     アトピー性皮膚炎を発症しやすくしたマウスを使い、発症の経過を調べた。生後8~12週で発症。その前から皮膚の角質がはがれやすくなるなど、皮膚を保湿し保護する機能が低下していることがわかった。

     一方で、発症前の生後4週から1日おきに、このマウスで一番最初に症状が出やすい耳の部分にワセリンを塗り続けたところ、保護機能が改善。炎症を起こす細胞が皮膚に集まるのを防ぎ、長期にわたって発症しなかったという。

    http://www.asahi.com/articles/ASJ4P6HSWJ4PULBJ01K.html


    2:名無しさん@1周年:2016/04/26(火) 08:03:01.88 ID:Fgipj0To0.net
    いいね
    全身の人にはきついだろうが、間接に出る人には十分

    4:名無しさん@1周年:2016/04/26(火) 08:04:45.88 ID:ueQuHupm0.net
    花粉症にも怪我にもいいしワセリン万能だな

    【【医療】アトピー性皮膚炎、原因遺伝子を発見 ワセリンで予防できる可能性 理研など】の続きを読む

    このページのトップヘ