医療ちゃんねる

2ちゃんねるなどのネット情報とレビューから学ぶ健康と医療のまとめサイト

    コレステロール

    3e00c51fff918d8a07445d5b4cc8bc52_s
    1:筑前鐵太郎 ★:2016/06/13(月) 17:19:35.50 ID:CAP_USER9.net

    「朝食は体にいい」は食品会社が作り出した迷信?

     朝食が体にいいとされる、その根拠になってきた実験の多くは、根拠があやふや……。英国の科学雑誌New Scientistが指摘している。

     コーンフレークなどのシリアル食品は、19世紀末に医学博士のジョン・ハーヴェイ・ケロッグが発明した。敬虔なクリスチャンで菜食主義者だったケロッグ博士は、朝食に肉を食べることが好ましくない行動を引き起こすと考え、「健康な」シリアルを推奨した。この「健康な」は、医学的というよりは、宗教的な意味を帯びている。そして弟のウィル・キース・ケロッグが、シリアルに砂糖を加えて食べやすくすることを考案し、会社を興して大々的に朝食向けシリアルを売り出して、大成功を収めた。シリアルなどを朝食にする習慣は、米国人、そして世界中の人々に根付いていった。

     また、オートミールで米国最大手のクエーカー・オーツ・カンパニーは、「朝食にオートミールを食べればコレステロールが減少する」という実験結果を得て、これを大々的に宣伝した。この実験は非常に限定的な条件で行われたものであり、オートミールさえ食べればいいというものではなかったにもかかわらず。

     朝食に欠かせないと思われているメニューの1つにベーコンエッグがある。これも、1920年代にある食肉加工会社からの依頼で、「広報の父」と呼ばれるエドワード・バーネイズが考え出し、健康的な朝食のイメージとともに普及させたものだ。

     しかし、こうしたメニュー以外でも、朝食をとることは体にいいのではないか? そう考える人々のために、英国バース大学で栄養学を研究するジェームズ・ベッツ博士は、いくつかの実験結果を示している。

     まず、人々を2つのグループに分け、片方は朝食抜き、対照群の人々には午前11時までに700kcal以上の食事をとってもらった。その結果、朝食抜きのグループが昼食をがつがつ食べるかといえばそんなとはなく、やや摂取カロリーが多い傾向はあったものの、その差は700kcalに満たなかったという。つまり、1日の摂取カロリーは朝食抜きの方が少なくなるということだ。

     また、朝食をとったグループの新陳代謝が上がっているということもなかった。

     さらに、摂食行動をうながす空腹ホルモンの量では、むしろ朝食をとったグループは昼食後も低下しなかった。つまり、朝も昼もたっぷり食べたのに、彼らはまだ食べたがることになる。

    全文はソースで
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00000067-zdn_n-sci


    12:名無しさん@1周年:2016/06/13(月) 17:23:16.72 ID:w6Xp9ef30.net
    >>1
    超ショック

    33:名無しさん@1周年:2016/06/13(月) 17:29:02.25 ID:7iSeg+a70.net
    >>12
    評価する

    785:名無しさん@1周年:2016/06/13(月) 19:44:04.79 ID:h+77Bp3R0.net
    >>12
    やるねw

    【【健康】「朝食は体にいい」は食品会社が作り出した迷信?】の続きを読む

    1:たんぽぽ ★:2016/05/09(月) 13:40:33.19 ID:CAP_USER*.net

    “悪者扱い”されていたコーヒーが、いま見直されている理由

    「飲み過ぎると胃が荒れて胃潰瘍になる」「肌に悪い」など、健康に悪い印象のほうが強かったコーヒー。だが近年、そのイメージが覆され始めている。動脈硬化を起こす生活習慣病と食物との関係を研究する、東洋大学食環境科学部の近藤和雄教授は次のように語る。

    a98bbfb5268b1ae2bfe43a86234007f7_s

    「動脈硬化の一番の原因といえるのが悪玉コレステロール。悪玉コレステロールは酸化することにより、血管を厚く・硬くしてしまいますが、その酸化を防ぐ物質にポリフェノールがある。そして日本人が最も多くポリフェノールを摂取しているのがコーヒーなんです」

     ポリフェノールといえば、近藤教授が動脈硬化予防の効果をいち早く実証し、ブームにもなった赤ワインやチョコが有名。「コーヒーのポリフェノールにも同様の効果があるのはすでにわかっていたがコーヒーはブームにならなかったため、最近までその効果が広く知られていなかったんです」とのこと。

    「またオランダの研究では、一日あたり30㎎以上のポリフェノールを摂取したグループは、そうでないグループと比べて心筋梗塞になる割合は半分以下という結果が出ています。ほかにも『一日2杯以上のコーヒーを飲む人にはシミの抑制効果が認められる』とする研究がありますし、国立がん研究センターでは一部のがんについてリスク低下との関連が示唆されています」

     管理栄養士の安中千絵氏によるとほかの健康効果も数多く報告されているという。

    「クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)の脂肪燃焼効果や、カフェイン摂取による代謝アップ効果など、コーヒーにはダイエット効果のある物質が含まれています。そしてアメリカ国立衛生研究所が’12年に発表した研究結果では、コーヒーを飲むことで心臓病、呼吸器疾患、脳卒中、糖尿病などによる死亡が低下するという結果が得られています。一方で、『胃に悪い』というイメージについては、それを否定する研究結果も出ていますし、うつ病や事故死の割合が低下するという研究結果もあります」

     ただ、コーヒーに関する「新説」も出てきており、最近では朝にコーヒーを飲むタイミングに関して、「例えば8時に起床する人の場合、コルチゾール(ストレスホルモン)の分泌が高い起床直後は避けて、分泌が減少する午前9時半から11時半のあいだに飲むといい」という説も生まれている。しかし、これに関しては、「時間栄養学の観点からそのような話がないとは言い切れませんが、そこまで立証できるエビデンスがないため、今後の研究が必要でしょう」(安中氏)とのこと。いずれにせよ、広く知られる集中力アップの効果、リラックス効果なども相まって、生活にさまざまなプラス効果をもたらしてくれるコーヒーなのだ。

    http://nikkan-spa.jp/1089837?display=b


    3:名無しさん@1周年:2016/05/09(月) 13:41:47.04 ID:ky32TbrX0.net
    あれ、コーヒーは体に良いヘルシー飲料じゃなかったっけ?

    43:名無しさん@1周年:2016/05/09(月) 13:55:22.14 ID:GakGKNS50.net
    >>3
    紙媒体の昔からずっとそんな記事読まされ続けてるよな

    【【健康】“悪者扱い”されていたコーヒーが、いま見直されている理由】の続きを読む

    1:海江田三郎 ★:2016/03/18(金) 14:52:21.55 ID:CAP_USER.net

    善玉コレステロール、本当に健康によいのかは不明とする調査結果が発表

    fig

    科学誌のサイエンス(Science)に掲載されたケンブリッジ大学の研究チームによる発表によれば、身体によいとされている善玉コレステロールのHDL-C値が高い人でも、心臓疾患のリスクが高まる例があると判明。血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすほど、冠動脈疾患のリスクが下がるという一般的な概念に疑問が投げかけられています。

    同研究では、遺伝子「SCARB1」の配列が「P376L」の変異体になっている人が選び出されて追跡調査を実施。P376Lを有していると、善玉コレステロールの受容体として機能する「SR-BI」の働きが阻害され、HDL-C値が異常な高さを示すとされています。ところが、善玉コレステロールが豊富にあるにもかかわらず、追跡調査から心臓疾患のリスクが通常より80%も高まったことが明らかにされていますよ。この割合は、喫煙が心臓疾患のリスクを高めるレベルにさえ匹敵するんだとか。

    いわゆる「悪玉」コレステロールが与える悪影響が実証されたものであるのに対して、どこまで「善玉」コレステロールが良い役割を果たすのかに関しては疑問が残っている。HDL-C値を高めると心臓疾患のリスクは下がると考えられているものの、HDL-C値を高める薬が実際に(心臓疾患の)リスクを下げることまでは実証されていない。

    同研究チームは、このようにコメントしながら、今回の調査結果を紹介。単純にHDL-C値を高めることではなく、どのように善玉コレステロールが実際に機能するのかを、もっと研究する必要があるとしています。今後も研究が進むことで、より効果的な心臓疾患の治療法が見つかる可能性があるとの希望も表明されていますよ。

    なお、今回の発表は、薬によってHDL-C値を高めても心臓疾患のリスクが下がるわけではないとの見解を有していた複数の専門家から歓迎されています。とはいえ、依然として、薬で悪玉コレステロールを減らせば心臓疾患のリスクを下げられるのも事実であり、直ちに現在の治療法を変えなければならないわけではないとのコメントが出されているようですね。悪玉コレステロールが悪いのは確かですが、どこまで善玉コレステロールが本当に良いものなのかをめぐっては、まだまだ議論が続いていきそうです〜。

    全文はソースで
    http://www.gizmodo.jp/2016/03/HDLCP376L.html


    2:名刺は切らしておりまして:2016/03/18(金) 14:53:58.37 ID:LkDLTbed.net
    >善玉コレステロール

    酒飲めば、

    簡単に増やせるだろwww

    26:名刺は切らしておりまして:2016/03/18(金) 15:52:12.07 ID:NLSFOdAY.net
    善なんだからいいもんじゃないのか!!

    【【研究】善玉コレステロール、本当に健康にいいのかわからない?】の続きを読む

    e6cf8343da6f55bb371573fb94a6a840_s
    1:蝙蝠傘子 ★:2016/03/15(火) 19:48:50.79 ID:CAP_USER*.net

    肉断ちサバ食べ減量 中性脂肪、コレステ改善

     サバは、“青魚の王様”と呼ばれるほど栄養価が高く、特にドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)の含有量が多いといわれている。

     DHAやEPAには中性脂肪や悪玉コレステロールを抑える役割があるとされている。同社は動脈硬化や心筋梗塞に起因する中性脂肪とコレステロールに注目し、ダイエット前後の血液検査の結果を比較してサバがもたらす効果を探った。

     サバダイエットには右田社長と社員5人が参加。実施期間は2月5日から3月5日までの1カ月間。ルールは、期間中に摂取する動物性タンパク質はサバのみ▽原則として1日2食はサバ料理を食べる―の二つ。ダイエットの天敵ともいえる炭水化物やアルコールについては特に制限しなかった。

     1カ月間で社員が食べたサバ料理は、定番の塩焼きやみそ煮をはじめ、ブリ大根や肉じゃが、チキン南蛮をサバに置き換えたもの、パスタやアヒージョといった洋食にサバを取り入れたものなどアイデア料理がずらり。中には食べた料理をブログで紹介する社員もおり、楽しみながら1カ月間を過ごした。

     サバダイエット終了後に右田社長が血液検査した結果、中性脂肪90(実施前101)▽善玉コレステロール57(同56)▽悪玉コレステロール113(同117)―といずれも改善し、体重も1・3キロ減。ほかの社員の数値も軒並み良くなり、体重が5・4キロ減ったという社員もいた。

     サバダイエットを監修した希咲クリニック(大阪市淀川区)の山分ネルソン祥興院長は「少人数による短期間での検証なのでメカニズムははっきりしないが、中性脂肪や悪玉コレステロールの数値が下がったのはDHAやEPAが関係したのでは」と分析する。

    全文はソースで
    http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/160315/20160315033.html


    2:名無しさん@1周年:2016/03/15(火) 19:49:12.31 ID:APyH357L0.net
    さば読みすぎ

    4:名無しさん@1周年:2016/03/15(火) 19:50:20.13 ID:eqzHcPG40.net
    >>2
    うまいやん

    180:名無しさん@1周年:2016/03/15(火) 23:45:22.16 ID:bdw/mFdi0.net
    >>2
    わらった

    【【健康】鯖を食べてダイエット!中性脂肪とコレステロールも改善】の続きを読む

    このページのトップヘ