医療ちゃんねる

2ちゃんねるなどのネット情報とレビューから学ぶ健康と医療のまとめサイト

    コーヒー

    gahag-0069959106-1
    1: ダイビングヘッドバット(東日本)@\(^o^)/:2016/08/07(日) 10:29:56.65 ID:H9XI0wVa0.net

    コーヒーを飲むと「すい臓がん」になる? ~寄せられた反響から~

    8月1日に公開した「すい臓がん」の記事に対して、非常に多くの反響をいただきました。お読みくださった方に、心から御礼を申し上げます。

    「すい臓がん」は、なぜ増加が食い止められないのか?(市川衛) - 個人 - Yahoo!ニュース
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/mamoruichikawa/20160801-00060593/

    SNS上で多かった反響が「コーヒーを飲むと、すい臓がんになりやすくなるって本当?」というものです。

    上記の記事で紹介している「膵癌の危険因子」というスライドには、確かに『コーヒー嗜好家(1日4杯以上)』との記述があります。
    その理由について、スライドを引用した日本消化器学会のHPの説明を読んでみると・・・

    --------------------
    我が国の疫学調査では、1日3杯未満のコーヒー飲用は膵がん死亡の危険率を下げる事が示されています.喫煙者と非喫煙者に分けて検討しても同様な結果が得られています.しかし、1日4杯以上のコーヒー飲用で膵がん死亡の危険率が有意に上昇し、男性では相対危険度が3.2倍にもなることが報告されています.

    出典:日本消化器学会HPより
    --------------------

    ■コーヒーの大量摂取は危険?

    上記の記述は、「JACC STUDY」という大規模調査のデータを分析した結果を元にしていると思われます。40から79歳の110,792人を対象として、アルコール・コーヒー・過去の病歴などが、すい臓がんのリスクを高めるかどうかを検討した研究です。

    1_1

    コーヒーの飲用量と、すい臓がんで亡くなるリスクを示したグラフです。
    全く飲まない人のリスクを1とした場合、1日2-3杯まではおおむね横ばいか、下がっているようにも見えますが、4杯以上の群を見ると大幅に高くなっています。
    研究グループはこの結果から「大量のコーヒー飲用は膵がんリスクを上げるかもしれないと言えそうです。」と結論付けています。

    ■結局、コーヒーは危険なの?

    では、やはりコーヒーは危険なのか?というと、一概にそうとは言いきれないようです。 実は、上記と同じような方法で調査を行った別の研究があるのですが、そちらでは、コーヒーの量とすい臓がんになるリスクには関連が見られませんでした。

    緑茶・コーヒー摂取と膵がんとの関連について | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ
    http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/306.html

    コーヒーとすい臓がんの関係は、「まだ研究途上の段階にあり、確たることは言えない」ということのようです。ただし、リスクを示す研究が出ている以上あまり飲みすぎないほうが「安心」だとは言えるかもしれません。

    全文はソースで
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/mamoruichikawa/20160806-00060669/


    2: 稲妻レッグラリアット(dion軍)@\(^o^)/:2016/08/07(日) 10:31:06.60 ID:BSTcb0bA0.net
    ガーン

    4: エルボーバット(やわらか銀行)@\(^o^)/:2016/08/07(日) 10:31:23.67 ID:o6jGKbTW0.net
    また変な統計であおってる

    【【悲報】コーヒーの飲み過ぎ危険 ほとんど死ぬ「すい臓がん」になりやすいことが判明 ほどほどに】の続きを読む

    1:ニライカナイφ ★:2016/06/26(日) 15:30:14.98 ID:CAP_USER9.net

    <医療>コーヒーと漢方薬 アウトな飲み合わせ

    ◇コーヒーやお茶以外にも含まれる

    カフェインはコーヒー豆や茶葉、カカオ豆に含まれる成分です。コーヒーや紅茶、緑茶、チョコレート、ココアなど身近な食品・飲料に含まれています。この他に、コーヒーや茶葉から抽出されたカフェインを日ごろ摂取していることを知っているでしょうか。精製されたカフェインは、医薬品として片頭痛の治療に用いる処方薬や市販の風邪薬や眠気覚ましの市販薬などに含まれています。また、食品添加物として使用が認められており、適度な苦みによって食品の味をよくする目的でコーラなどの清涼飲料水やドリンクなどに添加されたり、サプリメントの原料として使われたりしています。

    ◇体への影響と摂取量の目安

    カフェインは、心血管や中枢神経を刺激して覚醒させる作用があります。そのため、適量を摂取すると体の活動量が盛んになって元気が出ます。しかし、短時間で大量に摂取すると頭痛、めまい、胃けいれん、吐き気、嘔吐(おうと)などの急性症状が表れます。過剰摂取によって中毒になると興奮して眠れなくなったり、動悸(どうき)がしたりするなど全身に症状が及んで危険な状態になり、摂取量によっては死に至ることもあります。

    カフェインは取り方によっては体にリスクがありますが、国内では今のところ、食品における1日の摂取許容量は設定されていません。海外の状況を参考にすると、健康な成人では、1日の摂取量の目安は400ミリグラムといわれています。これをコーヒーに換算するとマグカップ3杯分になります。カフェインは主に嗜好(しこう)飲料に多く含まれています。表示されているカフェインの量をチェックし、目安量を超えないようにしましょう。

    また、頭痛薬などの薬には、1錠に100~300ミリグラムのカフェインが含まれます。サプリメントにも高濃度のカフェインが含まれる商品があります。薬やサプリメントを通じて大量摂取をしてしまうと、それだけで1日の目安量を超えることがあります。カフェイン入りの嗜好飲料を大量に飲みながらこれらを併用するのは、とても危険です。

    ◇麻黄との飲み合わせに注意

    カフェインの摂取については、薬に含まれる他の成分との相互作用も重要です。漢方薬では、生薬の麻黄(まおう)に含まれるエフェドリンに気をつけてください。カフェインと一緒に摂取すると相乗作用で効果が高まるためです。漢方薬は副作用がないと思われがちですが、知らずに飲み合わせると脈が速くなったり、動悸がしたり、血圧が上昇したりすることがあります。麻黄は葛根湯(かっこんとう)や麻黄湯などに含まれる生薬で、これらの漢方薬は風邪薬としてよく使われます。服用するときは、カフェイン入りの嗜好飲料は控えるようにしてください。また、気管支ぜんそくに使われる気管支拡張薬にもエフェドリンのような作用のものがあります。これについても、カフェインが含まれるものとの飲み合わせには注意が必要です。
    写真:

    1_1

    全文はソースで
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160626-00000012-mai-soci


    12:名無しさん@1周年:2016/06/26(日) 15:42:23.06 ID:RcA94cfO0.net
    >写真:

    1_1

    おまえら漢方薬じゃねーだろw

    15:名無しさん@1周年:2016/06/26(日) 15:46:17.29 ID:0B2VAYjc0.net
    >>12
    だよねえww

    137:名無しさん@1周年:2016/06/27(月) 19:53:03.65 ID:ZmjiRFJF0.net
    >>12
    ワロタw

    【【医療】コーヒーと漢方薬、アウトな飲み合わせ】の続きを読む

    gahag-0069959106-1
    1:紅あずま ★:2016/06/15(水) 22:16:56.65 ID:CAP_USER9.net

    WHOコーヒー発がん性証拠なし 熱い飲み物は注意

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC、本部フランス・リヨン)は15日、コーヒーについて「発がん性がある可能性を示す決定的な証拠はない」との調査結果をまとめた。AP通信などが伝えた。コーヒー好きにとっては朗報と言えそうだ。

     ただ、コーヒーを含むあらゆる種類の「非常に熱い飲み物」には「発がん性がある可能性がある」と警告。特に温度が約65度以上の飲み物の危険性を強調している。

     IARCはこれまでコーヒーには鉛などと同じく「発がん性がある可能性がある」としてきた。


    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016061501001795.html


    5:名無しさん@1周年:2016/06/15(水) 22:18:51.17 ID:9DpmQqhP0.net
    焦がす時点であるだろうね

    6:名無しさん@1周年:2016/06/15(水) 22:18:52.92 ID:PWxFLnoI0.net
    ホットコーヒー全部アウトやん

    9:名無しさん@1周年:2016/06/15(水) 22:18:59.75 ID:EWvJykj80.net
    喉元すぎる頃には冷めるんじゃねーの?

    106:名無しさん@1周年:2016/06/15(水) 23:00:06.82 ID:hU5TGa020.net
    >>9
    咽頭癌になんべ

    【【健康】WHO「コーヒーの発がん性証拠なし」 ただ温度が約65度以上の熱い飲み物は注意、発がんの可能性】の続きを読む

    1:たんぽぽ ★:2016/05/09(月) 13:40:33.19 ID:CAP_USER*.net

    “悪者扱い”されていたコーヒーが、いま見直されている理由

    「飲み過ぎると胃が荒れて胃潰瘍になる」「肌に悪い」など、健康に悪い印象のほうが強かったコーヒー。だが近年、そのイメージが覆され始めている。動脈硬化を起こす生活習慣病と食物との関係を研究する、東洋大学食環境科学部の近藤和雄教授は次のように語る。

    a98bbfb5268b1ae2bfe43a86234007f7_s

    「動脈硬化の一番の原因といえるのが悪玉コレステロール。悪玉コレステロールは酸化することにより、血管を厚く・硬くしてしまいますが、その酸化を防ぐ物質にポリフェノールがある。そして日本人が最も多くポリフェノールを摂取しているのがコーヒーなんです」

     ポリフェノールといえば、近藤教授が動脈硬化予防の効果をいち早く実証し、ブームにもなった赤ワインやチョコが有名。「コーヒーのポリフェノールにも同様の効果があるのはすでにわかっていたがコーヒーはブームにならなかったため、最近までその効果が広く知られていなかったんです」とのこと。

    「またオランダの研究では、一日あたり30㎎以上のポリフェノールを摂取したグループは、そうでないグループと比べて心筋梗塞になる割合は半分以下という結果が出ています。ほかにも『一日2杯以上のコーヒーを飲む人にはシミの抑制効果が認められる』とする研究がありますし、国立がん研究センターでは一部のがんについてリスク低下との関連が示唆されています」

     管理栄養士の安中千絵氏によるとほかの健康効果も数多く報告されているという。

    「クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)の脂肪燃焼効果や、カフェイン摂取による代謝アップ効果など、コーヒーにはダイエット効果のある物質が含まれています。そしてアメリカ国立衛生研究所が’12年に発表した研究結果では、コーヒーを飲むことで心臓病、呼吸器疾患、脳卒中、糖尿病などによる死亡が低下するという結果が得られています。一方で、『胃に悪い』というイメージについては、それを否定する研究結果も出ていますし、うつ病や事故死の割合が低下するという研究結果もあります」

     ただ、コーヒーに関する「新説」も出てきており、最近では朝にコーヒーを飲むタイミングに関して、「例えば8時に起床する人の場合、コルチゾール(ストレスホルモン)の分泌が高い起床直後は避けて、分泌が減少する午前9時半から11時半のあいだに飲むといい」という説も生まれている。しかし、これに関しては、「時間栄養学の観点からそのような話がないとは言い切れませんが、そこまで立証できるエビデンスがないため、今後の研究が必要でしょう」(安中氏)とのこと。いずれにせよ、広く知られる集中力アップの効果、リラックス効果なども相まって、生活にさまざまなプラス効果をもたらしてくれるコーヒーなのだ。

    http://nikkan-spa.jp/1089837?display=b


    3:名無しさん@1周年:2016/05/09(月) 13:41:47.04 ID:ky32TbrX0.net
    あれ、コーヒーは体に良いヘルシー飲料じゃなかったっけ?

    43:名無しさん@1周年:2016/05/09(月) 13:55:22.14 ID:GakGKNS50.net
    >>3
    紙媒体の昔からずっとそんな記事読まされ続けてるよな

    【【健康】“悪者扱い”されていたコーヒーが、いま見直されている理由】の続きを読む

    このページのトップヘ