医療ちゃんねる

2ちゃんねるなどのネット情報とレビューから学ぶ健康と医療のまとめサイト

    若返り

    20160622_anti
    1:ニライカナイφ ★:2016/07/02(土) 21:40:45.67 ID:CAP_USER9.net

    夢の若返り薬「NMN」がついに人体実験へ

    人類の夢、若返りの薬が本当に発明されそうです。
    老化を防ぐ夢のような成分、NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)が発見され、マウス実験では、寿命も延びたことが実証されました。
    そしてお次は人体への試験です。

    米セントルイス・ワシントン大学と慶応大学が7月にも国内で臨床試験を開始する計画で、10人の健康な人にNMNを投与、安全性の確認をした後、数年かけて体の機能の改善効果の有無を調べます。
    その結果が良好なら世界初、本当に効果あるアンチエイジング薬品として市場に登場するはず。

    1_1

    ワシントン大学教授の今井眞一郎氏は、NMNがサーチュイン遺伝子を活性化させることを発見したこの研究の第一人者。
    NMN(βニコチンアミドモノヌクレオチド)は、加齢に伴い働きが弱まるサーチュイン遺伝子(別名、長寿遺伝子)に働きかけ、老化の速度を弱めると言われています。
    サーチュイン遺伝子は、昆虫から哺乳類までほとんどの生物が持つ遺伝子で、これを活性化させると寿命が20~30%ほど延びるとされていて、人間に応用すると寿命が100歳以上に延びることになります。

    マウス実験では、寿命が16%延びたり、糖尿病のマウスに1週間NMNを投与したら血糖値が正常になるなど、劇的な効果が得られています。
    もちろん、人間に同じように作用するかどうかはこれから実証されていくわけですが、研究者の中には、そう簡単にうまくいかないだろうという見方も多いようです。
    特にアンチエンジングに関した分野では、マウスを用いた研究でうまくいっても人間の研究で必ずしも同様に作用するとは限らないもの。

    でもマウスほどではないにせよ、人間に対してもプラスの効果は期待しても良いはず…ですよね?
    なんなら私が試験に参加したかった…!

    ソース
    http://www.gizmodo.jp/2016/06/nmn.html


    4:名無しさん@1周年:2016/07/02(土) 21:41:44.20 ID:BDBleHOl0.net
    注) 髪の毛だけは若返りません

    100:名無しさん@1周年:2016/07/02(土) 23:27:48.47 ID:tRbUpN2E0.net
    >>4
    そこがポイントなのに

    108:名無しさん@1周年:2016/07/03(日) 00:23:00.69 ID:2gjS6ZeO0.net
    >>4
    これ期待してる奴多いぞ

    【【医学】夢の若返り薬「NMN」がついに人体実験へ】の続きを読む

    1462738827
    1:(神奈川県)@\(^o^)/ :2016/05/09(月) 05:20:27.09 ID:●

    わたしは遺伝子治療で20歳若返った:45歳、米バイオ企業CEO

    マウスの寿命が20パーセント延びうるとされる遺伝子治療を、BioViva USA社のCEOが自身の体で試し、細胞が20歳若返ったと主張している。



    ワシントン州シアトルを本拠とするバイオ企業BioViva USAのCEO、エリザベス・パリッシュは、同社が開発した「若返り」のための遺伝子治療を自身の体でテストしたところ、細胞が20歳若返ったと主張している。

    パリッシュCEOは現在45歳で、科学・医学の分野での正規の教育は受けていない。彼女はこの実験的な治療を、2015年9月にコロンビアのクリニックで受けたという(詳細は未公表)。こうした型破りな臨床試験が海外で行われた背景には、米国の規制を回避するという目的があったが、この臨床試験の強行により、BioViva USAの科学顧問の1人が辞職している。

    BioViva USAの科学諮問委員を務めていたが辞職したワシントン大学名誉教授のジョージ・マーティンは『MIT Technology Review』誌で、「これは大きな問題であり、このような事態に大きな憤りを感じています。わたしは非臨床試験(動物実験)を繰り返し行うよう強く求めてきました」と語っている。

    臨床試験の詳細は明らかにされていないが、パリッシュCEOの説明では、治療の一環として、遺伝子組み換えウイルスの静脈内注射が行われたという。このウイルスによって、「テロメラーゼ」と呼ばれる酵素を生成する遺伝物質が細胞に運ばれたようだ。

    テロメラーゼは、人体の細胞における「テロメア」と呼ばれる部分の長さを伸ばす。テロメアとは、染色体の末端で、DNAの「保護キャップ」的な役割を果たす部分だ。テロメアは細胞の老化とともに自然にすり減ってゆくが、テロメラーゼの投与によってそれを保護しようとする手法だ。

    スペインの研究グループが2012年に行ったマウス実験から、同様の手法によりマウスの寿命は20パーセントも延びうることがわかっている。

    (中略)

    最後に、今回報告されたテロメアの数値差、つまり9パーセントという伸び率は、大半のテロメア長測定において標準誤差の範囲内に収まるという点も理由としてあげられる。

    それでも、パリッシュCEOはこの遺伝子治療により若返りが実現すると確信している。同CEOは現在、さらなる臨床試験の実施を許可してくれる規制当局とのパートナーシップを諸外国に求めている。

    全文はソースで
    http://wired.jp/2016/05/06/ceo-tests-crazy-genetic-therapy/

    1_1

    ※容姿には効果が無い模様…


    3: 不知火(catv?)@\(^o^)/:2016/05/09(月) 05:21:54.78 ID:cNfLVNOi0.net
    以下ハゲ禁止

    4: キングコングラリアット(東京都)@\(^o^)/:2016/05/09(月) 05:23:11.20 ID:DLRYCr8Q0.net
    容姿には効果が無いらしいからハゲは無理じゃね

    6: ストレッチプラム(catv?)@\(^o^)/:2016/05/09(月) 05:25:43.13 ID:sZP0hDio0.net
    無い毛根は若返りようがありません><

    【【画像あり】ついに若返り治療が実用化、45歳が20歳若返る】の続きを読む

    このページのトップヘ