医療ちゃんねる

2ちゃんねるなどのネット情報とレビューから学ぶ健康と医療のまとめサイト

    血管

    taste-my-eye-drops_6
    1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/05/16(月) 03:13:53.09 ID:PWvDeq280.net
    疲れ目に効くおすすめ目薬教えてくれ

    2:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/05/16(月) 03:14:18.76 ID:C2zM00fY0.net
    無い
    市販の目薬は買うだけ無駄

    3:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/05/16(月) 03:16:46.61 ID:VtpRgXm+0.net
    疲れ目は目薬より蒸しタオルあてとけよ

    4:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/05/16(月) 03:17:28.00 ID:P8YCOL2M0.net
    ひとみストレッチ

    5:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/05/16(月) 03:18:09.92 ID:P8YCOL2M0.net
    第3類やし

    【目薬ソムリエの奴ちょっと来てくれ】の続きを読む

    lgf01a201308040900
    1:紅あずま ★:2016/04/22(金) 13:34:37.21 ID:CAP_USER*.net

    血管に「微小ビーズ」を入れる肥満治療の試験結果

    小さなビーズを血管に注入して食欲増進ホルモンを低減させることで肥満を治療できるとする臨床試験の結果が発表された。

    ぜい肉を落とすための新しい方法が登場した。食欲を抑え、持続可能な体重減少に導く迅速で簡単な治療になることが期待されている。

    この方法は、食欲を増進させるホルモンであるグレリンを放出する胃の部位につながる血管に、血流を制限する小さなビーズを注入するというものだ。

    重度の肥満患者7人を対象に行われた予備的な臨床試験では、空腹感を抑えることに成功し、6カ月後には平均で過剰体重の13.3パーセントが減少したという。

    臨床データはまだ予備的なもので、患者の数も少ないが、「Bariatric Arterial Embolization(BAE)」(肥満動脈塞栓法)と呼ばれるこの方法は、肥満を減少させるための安全で効果的な手段になると医師たちは期待している。

    肥満外科手術と異なり、BAEでは身体への必要な処置が最小限で済む。手首または脚の付け根から細いカテーテルを入れ、胃の最上部(胃底部と呼ばれる)に向かう特定の血管に当たるまで挿入する。胃底部は、体内のグレリンの大部分を産生する場所だ。

    その後、血管を塞ぐための微小なビーズがカテーテルを通じて注入され、血流を制限してグレリンの産生を抑制する。

    臨床試験の対象となった7人の肥満患者は、BMIが40~60だったが(30で肥満と見なされる)、最初の2週間で食欲が大幅に減ったと報告した。開始から3カ月後には、グレリンの産生が、試験前よりも平均で17.5パーセント少なくなった。

    6カ月の試験期間中に、患者たちは継続的な体重減少を示した。1カ月、3カ月、6カ月目後に減少した過剰体重は、平均でそれぞれ5.9パーセント、9.5パーセント、13.3パーセントだった。

    全文はソースで
    http://wired.jp/2016/04/19/new-nonsurgical-weight-loss-treatment-curbs/

    3:名無しさん@1周年:2016/04/22(金) 13:37:03.95 ID:zol2ifKo0.net
    腎臓やられそう

    4:名無しさん@1周年:2016/04/22(金) 13:37:24.90 ID:vg5g4rFC0.net
    脳でつまりそう

    5:名無しさん@1周年:2016/04/22(金) 13:37:46.79 ID:d1aswgp80.net
    血栓が流れて肺に、なんてことにならない?

    13:名無しさん@1周年:2016/04/22(金) 13:45:05.92 ID:0Tjf3siP0.net
    >>3, 4, 5
    予想されるのは左胃動脈→胃静脈から

    1.門脈→肝内の門脈が詰まる
    2.shunt とかあって運悪く下大静脈→肺動脈が詰まる

    くらいかな。
    グーグルでちょびっと見た限りだとそこそこの大きさのビーズを使うみたいだから
    あんまりいかないだろうし、行ってもあんま影響ないんじゃないかな。
    知らんけど。

    【【医療/科学】血管に「微小ビーズ」を入れる肥満治療の試験結果 ジョンズ・ホプキンズ大学医学部】の続きを読む

    このページのトップヘ